TOP > 業種別成功例&施工写真 > 士業(侍業):司法書士・行政書士・弁護士
 
 司法書士・行政書士・弁護士の様な「士業(侍業)」と呼ばれる業種の場合は、どのように考えれば集客できるのでしょうか?
 デザイン例を交えて解説します。

● 侍業(司法書士、行政書士、弁護士)の立地特性
侍業(司法書士、行政書士、弁護士)の集客を考えるときにまず最も大切なのが、あなたの侍業(司法書士、行政書士、弁護士)がどのような立地条件にあるのかを知ることです。
・ 商圏規模
商圏規模は2次データ(行政の出している統計データなど)によって侍業(司法書士、行政書士、弁護士)を出店している地域の年代別人口、世帯数、働いている人の数などを大まかにでも把握することです。
・ 地のブランド
次に侍業(司法書士、行政書士、弁護士)を立地する地域の「地のブランド力」を捉えましょう。具体的に極端な例を言うと銀座の4丁目に侍業(司法書士、行政書士、弁護士)を出店するのと原宿に侍業(司法書士、行政書士、弁護士)を出店するのでは全くコンセプトが変わってきますし、逆に言うと「その地域に来る」事自体に侍業(司法書士、行政書士、弁護士)のお客様は何かしらのイメージの期待をしているものです。その地域に来る人が侍業(司法書士、行政書士、弁護士)の出店地にどのようなイメージを持つのかを把握しておきましょう。
・ 対象クラスタ
以上のような基礎データの分析を踏まえて侍業(司法書士、行政書士、弁護士)の出店地域付近の対象顧客数を仮説して、確認しましょう。その際、平日と土曜日祭日。昼間と夜ではどのように通行人が変化するかも確認しましょう。この確認結果によってどの曜日のどの時間帯にどのようなお客様を引き込んで集客をはかるのか?がおおよそイメージできるはずです。

※口コミによる集客だけで考えるので立地に関わるような集客は関係ないという人がいますが、侍業(司法書士、行政書士、弁護士)において口コミだけで集客できている場合でも、立地特性を踏まえていないとすれば純粋にそれだけの集客を損しているだけなのです。

●侍業(司法書士、行政書士、弁護士)の業種特性(初来店客と再来店客)
立地による特性を分析したら業種による特性を考えましょう。侍業(司法書士、行政書士、弁護士)は業種の特性として立地条件にもよりますが、最来客や、口コミのお客様が重要でしょう。再来のお客様が紹介しやすいような安心感のある看板を作りましょう。

●侍業(司法書士、行政書士、弁護士)の看板、デザイン、内装、ロゴマーク
「集客」というキーワードで侍業(司法書士、行政書士、弁護士)の看板、デザイン、内装、ロゴマークを考える場合、端的に言うと「呼ぼうと考えている顧客が期待している」看板、デザイン、内装、ロゴマークを提供することが最も最適な解決策になります。すなわち、侍業(司法書士、行政書士、弁護士)の立地における対象顧客をどこまで具体的にイメージできるか?が最も重要なファクターになるといえるでしょう。

●侍業(司法書士、行政書士、弁護士)の施工写真

侍業(司法書士、行政書士、弁護士)の施工写真
 

 

 
カテゴリ一覧
 
サービス一覧
 
検索と疑問の解決