TOP > リピーターを増やすために  > インターネットによる集客
カテゴリ一覧
サービス一覧
検索と疑問の解決
 
近年注目されつつあるインターネットですが、ホームページやメールを使うことでインターネットは様々な分野で活用することができます。
口コミを発生させる事や、会員向けサービスの展開など、リピーター育成のために使う機能も非常に大きなものですが、今回は一見客を集客するためのツールとしてのインターネットを考えてみましょう。

一見のお客様(初来店客)のお客様とは「今まであなたのお店に来たことがない。」お客様です。あなたのお店に来たことがない人があなたのお店のホームページに来る場合には大きく分けて2つのパターンが考えられます。


1、 あなたのお店のことを何かで知ってあなたのお店に興味を持ってホームページに来た。
2、 あなたのお店のことは知らないが、欲しい商品やサービスを調べているうちにあなたのホームページにたどり着いた。

それぞれについて考えてみると、1の場合看板やチラシ、テレビ、DMなどインターネット以外のメディアによってホームページの存在を告知して誘導します。前段階のメディアで興味を引くキャッチコピーなどで誘引しておいて「詳しくはホームページで!」というやり方です。ここでより詳しい情報やホームページを見た人だけの特別サービスなどを準備して実際の一見集客につなげるのが一般的です。
2のあなたのお店のことは全く知らない人が何かしらのキーワードで検索した際にあなたのお店のホームページを見つけて訪れる場合です。
そのためにはまず検索エンジン対策と呼ばれる対策をしなければなりません。これはお客様が何かしらのキーワードで検索をしたときに、あなたのホームページがなるべく上位に表示されるようにする対策です。
ここでより詳しい情報やホームページを見た人だけの特別サービスなどを準備して実際の一見集客につなげるのが一般的です。

いずれにせよ、インターネットはプルメディア(お客様が自ら見に来るメディア)でありその他のプッシュメディアとは最も重要な「効果」という面において大きく差をつけます。
ホームページを見ることによる意思決定。購買決定の比率は年々増えていますので、今後は非常に重要なメディアとして位置づけていかなければならないでしょう。

ただし、業種やおかれている状況において活用方法が全く違ってきますので安易な活用には注意が必要です。